カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 0120-194-811

当店は通販専門店により、実店舗へのご来店を御希望のお客様は、事前に上記フリーダイアルにてご連絡ください。

 FAXでのご注文も承っております。      FAX:086-484-0264

各流派2 刀匠鐔

平安時代の後期頃より廃刀令の頃まで作り続けられる。刀鍛冶によって造られた鐔といわれる。

刀の作った余鉄を使った簡素なもので、円形の無文のものであったのが、小さな紋様を打ち抜くようになり、これが透鐔の誕生であると言われている。

「刀匠鐔」観賞のポイント

鐔の表面は槌目跡を残しそれを景色とし、刀の中心をみるような深い味わいを残している。

1)在銘のものはほとんどない。

稀に刀匠の銘を切っているものもあるが、江戸時代に入ってからのものが多い。

それは、鐔は刀に付随する拵の一部として考えられており、単独の作品としての認識がなかったためであろう。

2)江戸時代以前のものを「古刀匠」それ以降を「刀匠」と呼ばれているようである。在銘のものがないため、鐔の作風・地鉄の状態などで判別がなされる。

3)「古刀匠鐔」は、凸凹のない板鐔で、槌目地。「刀匠鐔」は、やや中高の碁石形となり、磨き地が多い。

4)耳は、甲冑師鐔のような細工はない。

5)丸形が多く、木瓜形のものもある。

ページトップへ