カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 0120-194-811

当店は通販専門店により、実店舗へのご来店を御希望のお客様は、事前に上記フリーダイアルにてご連絡ください。

 FAXでのご注文も承っております。      FAX:086-484-0264

各流派4 応仁鐔

室町時代の製作で、名称のように「応仁」期に誕生した鐔とされる。甲冑師鐔と鎌倉鐔の中間期のものだと「秋山久作」氏は述べている。

当時真鍮は珍重されたものであったため、上流武士をはじめとした有力者に広く愛用されたものであった。

派生当時、板鐔に透しを施す鐔工と、板鐔に他の金属を象嵌を施す鐔工が同時期にいたとされるため、作域は初期の甲冑師や刀匠鐔に真鍮で象嵌を簡素に施したものである。

応仁鐔の後継者的鐔が、「平安城象嵌鐔」「与四郎鐔」という定義である。

応仁鐔観賞のポイント

1)鉄の板鐔に真鍮で点と線に象嵌し、これに図案的で簡易な透かしが加えられたものと、浅肉に据紋を施したものと二手ある。

2)図柄が複雑化したもの、絵画的なもの、土手耳などの細工がなされたものは、後代の平安城象嵌などに部類される。

3)在銘はない。

ページトップへ