カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 0120-194-811

当店は通販専門店により、実店舗へのご来店を御希望のお客様は、事前に上記フリーダイアルにてご連絡ください。

 FAXでのご注文も承っております。      FAX:086-484-0264

鐔の歴史

鐔の歴史的概要

鐔が研究対象として分類整理され、クローズアップされるようになったのは、明治期に入ってからのことで、それ以前は単に、あくまで「刀の付属品」として、鑑賞及び一道具として親しまれる程度のものでしかありませんでした。

室町期以前

鐔は、刀匠・甲冑師といった職人が、副業として製作しており、それぞれの素材から出た余剰の鉄を使用して作られました。

なんのへんてつもない鉄の板から始まって、「影透かし」と言われる文様をくり抜いて透かしたデザインが加えられ、その小透かしは、戦乱の時代の武士の慰めになったことでしょう。

それぞれの職人の名称を取って、「刀匠鐔」、「甲冑師鐔」などと分類され、その技法は幕末まで続きます。

室町以降〜桃山時代

足利政権の時代になると、足利将軍によって、それぞれの技芸に秀でた人物達を「同朋衆」として集め、当時信仰の厚かった「時宗」の題目である「阿弥陀仏」より「阿弥」の文字を取って称号とし、彼らの技巧を庇護し技芸の奨励が図られました。

「正阿弥」と称される鐔工は、前時代の鐔の技法に新しい試みを加え、様々なデザインを生み出します。

従来の影透かしに加え、文様の形を残し地の部分を透かした、「透鐔」もこの時代に編み出されました。(一説に因ると、足利将軍の考案といわれています。)

「正阿弥」の鐔工達の技巧を学ぼうと、全国より多くの鐔工達が集まり、その技巧を習得し、また全国へと散ってゆき、それぞれ地方色溢れる独自の鐔が生まれ、発展してゆくのです。

それらはそれぞれの地方の名称をとって、「京透鐔」「尾張鐔」「赤坂鐔」などとに分類され、今日まで親しまれています。

「正阿弥」より生まれた多岐にわたる豊かな技法は、その後の鐔の歴史のいわば母体となると考えて間違いないでしょう。

桃山以降江戸期

戦乱の世も落ち着きを見せ始め、鐔は従来の実用性に加え、嗜好性を強く帯びてくるようになります。

大名のお抱え鐔工が、大名の好みに合わせて作られることにより、「肥後鐔」のように新たに流派が生み出されたり、地方色を帯びた鐔がそれぞれの交流を深め、進化を遂げるようになってゆきます。

また、鐔の製作も分業化が進み、琳派などの絵師達の卓越したデザインが鐔に取り入れられたり、刀に付随する鐔や外装も、武士や、帯刀を許された、当時、新たな富裕層として台頭してきた商人達の一種のステイタスとして捉えられ、斬新かつ洒落に富んだ絢爛豪華なものに変貌してゆくのです。

鐔工達も、大名や幕府に抱えられる金工師とともに、それとは異なるいわゆる独立したインデペンデントな町金工達が発生し、自由な発想のもとに発展し、受け入れられて来たのもこの時代です。

幕末〜明治期

長い鎖国時代が終わりを告げ、日本に新しい風が吹き抜けたこの時代、前時代の技術を引き継いで、加納夏雄などの素晴らしい金工師達によって、鐔は大きく完成へと向かいます。

戦後〜現在

廃刀令により、刀の製作が中断されてから、不運にも鐔工達も製作の場を失うこととなりますが、その技術は耐えることなく継承され、現在、様々な作家たちが、先代たちの残した素晴らしい技術を後世に伝えるべく、切磋琢磨を続け、日本が誇る工芸品として製作し、世に送り出しています。

 

ページトップへ