カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 0120-194-811

当店は通販専門店により、実店舗へのご来店を御希望のお客様は、事前に上記フリーダイアルにてご連絡ください。

 FAXでのご注文も承っております。      FAX:086-484-0264

No.T-417 鐔 無銘 甚吾 瀧不動図 保存刀装具鑑定書付

鐔 無銘 甚吾 瀧不動図 保存刀装具鑑定書付 八代甚吾初代は平田彦三の甥で、志水の制覇明智光秀の家老であった志水丹左衛門にゆかりがあり、そのため志水の姓を名乗るようになったと記述があります。八代まで家業が継承されてる名門です。本作は、無銘ながら、その作風を文献などから鑑みると、真鍮の地鉄でもって据紋式象嵌を取り入れた大図で大胆な図柄の中にあって重ねに厚みがあり、ぼてついた感が在る中に釣り合いのとれた初代作風を継承しながらも、林、西垣、平田の技術を参考にし、独自の作風を確立した二代の作と考えられます。初代は概して力感があって手強いが、二代は技巧的で、程よい重ねの厚み、鉄色の優れた作を残しているといった点からの考察です。三代になると、長く西垣家へ入門していたこともあり、より西垣勘四郎寄りに作風が変化する為、二代としました。洗練された地鉄にあって、蝦蟇の肌に似ている独特の地肌を随所に示し、轟々と滝壺へ打ち付ける瀧の描写、裏面には、瀧によって出来た瑞雲も示され、小振りながらも甚吾らしい猛々しさも継承され、また、品良く配された真鍮据紋象嵌が良い雅味を顕わした優品です。

No.T-417 鐔 無銘 甚吾 瀧不動図 保存刀装具鑑定書付

価格:

280,000円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

81.8mm
73.4mm
厚み(耳)3.6mm
厚み(中心)4.0mm
中心縦27.2mm横7.5mm
重さ111g
材質鉄槌目地・鋤出彫・真鍮象嵌
形状撫木瓜形・両櫃孔
丸耳

時代江戸時代初期~中期
品質優良
付属品桐箱・鑑定書
審査平成29年1月保存刀装具認定

ページトップへ